給与所得が無い場合の確定申告

今年も確定申告の季節の真っ只中。すでに申告済みの人も多いとは思いますが。病気や怪我で求職中だが投資信託などで少しの配当をもらった人などは前年所得が無いからといって申告をしないと損をする場合があります。
 給与所得が無く投資信託などで少しばかりの配当がある場合ですが、確定申告をすると所得税と住民税が還付されます。投資信託の配当からは証券会社が所得税と住民税を支払っています。約20%程が税金とされて残りの80%が配当として支払われています。この約約20%の分を還付してもらおうというわけです。
 なお過去申告していなかった場合、過去5年までの申告ができるそうです。過去6年以前の分は申告できません。
所得の範囲についてはここのホームページに詳しく書いてありました。内容がちょっと古くて税率が違うようですが。
株の配当金も確定申告すればお得!?

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

h0rse

Author:h0rse

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード