スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒目川の鯉 2014.6.15

2014年6月15日

No.1 14:09 色鯉 堰堤の下流で仕掛けをいれて、ちょっと離れている間に掛かっていた。
DSCN2378.jpg

No.2 14:38  50cmクラス 色鯉を掛けた後上流で釣った。1匹釣れて警戒されてるので、この後また下流へ移動。
DSCN2379.jpg

No.3 16:28 65cmクラス 下流の湾曲部へ移動。何度もエサを追ってくるがなかなか掛からない。後で分かった、気づいたのだが、パンの角に針をつけてずっと釣っていたのでちょっとつついたときに違和感を感じて吐き出していたようだ。やや難しいのだがエサの食パンの真ん中に針を刺さないとつれない。あと食パンは新しいものでないと、すぐ崩れてしまって針がさしにくい。水量が増えているので寄せるときの重さは倍増してランディングは苦労する。新しいネットは目一杯腕を伸ばしてネットが水面に入るくらい。水量が減ったらこの場所でのランディングは不可能だ。年配の散歩の人が5,6人見物していく。やはり土手で竿をしならせているのは目立つのだろうか。下流の荒川合流点付近まで行くとメーターサイズの草魚が釣れるそうだが、竿のしなりはこんなものではないだろうな。
DSCN2380.jpg

No.4 17:54 55cmクラス そんな大きい方でもないのだが、水面が遠くてあげるのに苦労した。雨の影響で流れがつり上げるには速すぎる。土手の草刈がされているのは助かる。
DSCN2381.jpg

No.5 18:34  色鯉 堰堤の下流まで戻って釣れた。これを釣るのは2回目だ。漂わせて浮きが隠れてしまって掛かっているのに気づくのが遅れ飲み込まれてしまった。この場所は岸から離れて、放置してるときにつれてたりする。足元すぐに魚がいるためか。ここのポイントは対岸(右岸)から仕掛けを投入しないとウキが見えない。
DSCN2382.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

h0rse

Author:h0rse

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。